スキンケアの資格を独学で勉強するコツ

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 美容・健康系資格 > スキンケア資格 > スキンケアの資格を独学で勉強するコツ

スキンケアの資格を独学で勉強するコツ

美容業界でスキンケアに関わる仕事をしている人や、スキンケアに強い興味を持っている人にとって、正しい知識を得るために資格を取得することは有効な手段の一つです。
スキンケアの資格を独学で勉強する場合に、どのように学習を進めると良いかのポイントをお伝えします。
スキンケアの資格を独学で勉強するコツ

1. 仕事に生かすために資格をとる場合

スキンケアの資格を取りたい人は、現在または将来的に美容関係の仕事に就きたい人も多いでしょう。

独学で勉強を進めていくにあたり、具体的な仕事のイメージを掴めるよう、スキンケアのプロの仕事に触れながら学習を進めると、内容も身につきやすくモチベーションの維持にも役立ちます。
また、美容関係の仕事では必要になることの多い、接客やカウンセリンングの進め方なども参考になります。

それでは、具体例を見ていきましょう。

化粧品カウンターへ行く

百貨店の化粧品カウンターへ行って、美容部員の方に相談してみましょう。
スキンケアについて、説明の仕方、商品の使い方・勧め方、カウンセリングの仕方など、実にたくさんのことが参考になります。

各メーカー・ブランドのターゲット顧客層が異なるので、年代別や、肌質別などいくつかタイプの違う化粧品の販売カウンターへ行くとその違いも体験できます。
自分が勉強している内容と照らし合わせて、どの技術や理論が使われているかなどをイメージするとより効果的です。

通信販売で購入する

通信販売で化粧品を購入してみましょう。店舗と異なり間接的な接客を受けることになります。ホームページ上の商品説明、商品の勧め方、購入した際の使い方の説明、購入後の定期的な顧客向けメール、効果の確認、再購入のお勧めなどよく考えられたコミュニケーションやフローが参考になります。

エステに行ってみる

エステの体験トライアルに行ってみるのも良いでしょう。実際どのようにスキンケアが行われるのか体験することで、勉強したことを深く理解し、身につけることができるはずです。エステティシャンとの会話の中で、勉強のヒントを得ることもできるはずです。

ネット上の口コミを活用し様々な肌タイプ・スキンケアを知る

お肌は人ぞれぞれで、自分の肌を参考にするだけでは足りません。
インターネット上の口コミを参考に、どんな人が、どのようなお肌の悩みがあり、どう対処しているのか、どんな化粧品を使っているのか等知識を広げることができます。

個人のブログなどでは、企業広告で掲載されない本音の部分も書かれていることが多いので、体験談として知っておくと役立つはずです。

2. 自分や家族など身近の人のために資格をとる場合

この場合は最終的に、自分や家族が使うスキンケアの選択基準を知ることが目的となることが想定されます。勉強中の期間から、上で紹介したような様々な化粧品やサービスに触れることで実際のスキンケアを体感し、知識を補完していきましょう。

スキンケアの資格は、主に知識を学ぶことが多いため比較的独学に向いていますが、特に身近な人のために知識を得ることを考えている場合は、自分や周囲の人の肌や気持ちとしっかり向き合うことが大切です。
自分や家族の肌の状態や気分をしっかりノートに記録して経過を追うなど、知識を得るだけで止まらないようなフォローを行っていくことが必要でしょう。

スキンケアを独学でしっかり身につけましょう

スキンケアは、身近なところで体験ができるので、独学との相性がいい分野です。通信講座なら、質問を受け付けてくれるところもありますので、そのような信頼できる質問先があるとより安心です。うまく取り入れながら、スキンケアの勉強を進めて行ってください。

スキンケアスペシャリスト資格取得講座

スキンケアスペシャリスト資格取得講座
スキンケアの幅広い知識と技術を修得した専門家を目指す資格・通信講座です。皮膚科学による肌タイプの正しい理解や、トラブルの原因とコントロール方法、正しいコスメの選び方など幅広く学習できます。エステサロンや美容業界での独立や就職、セミナーや教室開催など資格の活用法は多数!手軽に学習できるので忙しい人にもおすすめ。
このエントリーをはてなブックマークに追加