独学でコーヒーの資格を取る際のコツ

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 食・料理・フード系資格 > コーヒー資格 > 独学でコーヒーの資格を取る際のコツ

独学でコーヒーの資格を取る際のコツ

これから独学でコーヒーに関する資格を取ろうと考えている方は、できるだけ確実に、なおかつ効率よく学習する方法を身に付けたいですよね。スクールに通うのではなく、独学で資格取得を目指すのにあたり、いくつかのコツを知っておくと、よりスムーズに勉強を進めることができます
独学でコーヒーの資格を取る際のコツ

資格取得のため独学で勉強をするポイント

独学は、自己管理により学習を進めるスタイルですので、デメリットとしては、「自分を勉強させる強制力がない」ということです。 それを別の方法で補完し、かつモチベーションを高く維持することがとても重要です。 例えば次のような方法で自己管理をする方法があります。

資格取得までのスケジュールを細分化する

学習を始める前に、手間をかける価値のある作業です。
資格取得をゴールとし、いつまでに何をすベきかを決めます。

「今日はこのテキストの○ページまで」「今週は想定模試をクリアする」など、教材と照らし合わせた具体的なスケジュールを組めば、進捗を管理しやすいでしょう。
なお、途中で予定通りにいかなかったり、理解ができず復習が必要なことも考えられますから、予備日(予備時間)を設けておくのが良いでしょう。

学習の時間を決める

空いた時間に勉強するのではなく、勉強の時間を確保してからプライベートの予定を立てると、時間の確保がしやすいです。その際、急な用事が入りにくい時間帯をおさえれば、急遽予定変更ということがなくて良いでしょう。
「金曜の夜」ではなく「朝30分早く起きて」の方が、予定がずれにくいということですね。

資格取得の宣言をする

周りの人に、資格取得の宣言をしましょう。これにより、独学に欠けている「強制力」が生まれ、自分を追い込み、やらなければならない環境を作り出せます。
プレッシャーのかけ具合は自分次第ですが、より数多くの人や、高い強制力を生み出しそうな人(上司、ライバルとなりうる同期、友人など)への宣言が有効でしょう。

特にコーヒーの学習を独学で進める際に重要となるポイント

ここまで、一般的な独学で資格取得をするためのコツを紹介しました。以下では、特にコーヒーの独学の場合のポイントを見ていきましょう。道具が揃っていなかったり、実技環境が整っていないケースが多いのでそれを自分なりにカバーしていくことが必要です。

店舗に通い、学習内容と現物をマッチングさせていく

近くにコーヒーの専門店はありませんか?最近は豆を産地別で販売したり、挽き方の指定ができるお店も少なくありません。高価なマシーンを買うのは難しい場合でも、そのような店では試飲も可能な場合がありますので、味見ができたり、店員さんから「生きた情報」をもらえるかもしれません。教材で学んだことを、実体験で身につけていく作業により、深い理解が得られるでしょう。

マイアイテムを購入する

自分の道具を持つことでモチベーションがぐっと高まるはずです。有名なコーヒー器具メーカーが作るミルやドリッパー、ケトルなど、実用的で機能美を持つアイテムがたくさんあります。

資格取得後にもずっと活用できるアイテムを購入し、実技練習しながら学習を進めていくのはいかがですか。勉強の合間の息抜きにもなりますね。

ポイントを抑えて独学でもコーヒーをマスターしよう!

このように独学での資格取得も、うまくコツを掴んでいけば、マイペースで学習を進められるメリットを活かせる有効な手段となります。 ぜひこのポイントを活用して、おいしいコーヒーを飲みながら進めてみてくださいね。

コーヒースペシャリスト資格取得講座

コーヒースペシャリスト資格取得講座
コーヒーに関するあらゆる知識を修得した専門家を目指す資格・通信講座です。カフェの開業やコーヒーセミナーの講師、毎日の趣味で生かすなど資格の活用法は多数!美味しいコーヒーを淹れる技術はもちろん、豆や焙煎による香味の違いや、ラテアート、ペアリング理論に基づいたスイーツ&フードレシピなど幅広く学習できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加