コーヒーの資格を取って生かせる仕事は?

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 食・料理・フード系資格 > コーヒー資格 > コーヒーの資格を取って生かせる仕事は?

コーヒーの資格を取って生かせる仕事は?

カフェや喫茶店ブームの定着とともに、コーヒーについて高い関心を持つ人も増え、現在ではコーヒーに関する様々な資格が存在しています。
それらのコーヒーの資格を取得した場合に、どのような仕事で資格を生かせるのか、職種や就業形態、想定される収入とともに紹介します。
コーヒーの資格を取って生かせる仕事は?

飲食店での仕事

コーヒーを提供する飲食店での仕事です。大手コーヒーチェーン店や個人経営のカフェや喫茶店、またはレストラン、ホテルなどが挙げられます。
バリスタと呼ばれるコーヒーを作る仕事や接客サービス、メニュー開発、コーヒー豆の仕入れなど、職種も幅広くあります。
就業形態はアルバイトから正社員まで様々で、収入はそれぞれに応じて、アルバイトであれば時給1000円程度から、正社員であれば年収350万程度からと考えられます。

お店の開業

カフェや喫茶店、または豆の焙煎・販売店など、将来的に自分の店を持つ場合も、資格を生かすことができます。
独立当初から大きな収入を得るのは簡単ではありませんので、年収は300万程度からとなるでしょう。店を繁盛店とすることができれば、年収1000万以上を目指すことも夢ではありません。また、2号店、3号店と規模を拡大するようなチャンスが拡げやすい仕事だと考えられます。

コーヒー専門家

コーヒーに関する専門家となる場合も、資格を役立てることができます。職種も多種に及び、雑誌やWebメディアなどで記事の執筆やコメンテーター、書籍の出版、飲食店に対してメニュー等のコンサルティング、カルチャースクールでのコーヒー講座の講師、または資格取得のための学校の講師などが考えられます。

独立して専門家となるケースが多く、収入は規定の給与がありませんので本人次第というところですが、まずは仕事が軌道にのるまでは収入を期待せず、アルバイトや会社員と兼業していく形が多くなります。専門家としての認知を得て仕事が獲得できるようになれば、収入は会社員並みの400万程度からさらに上を目指すことも可能でしょう。

企業の従業員として

コーヒーに関連する企業の従業員としても、コーヒーの資格を活かすことができます。例えば、飲料メーカー、コーヒーの焙煎・加工や販売を行う企業、コーヒーの輸出入を取り扱う商社、飲食店やコーヒーチェーン店の運営を行う企業などです。

中小企業から大企業までさまざまありますが、正社員として働くことを想定すると、若手社員であれば年収400万程度から、中堅社員以上であれば年収600〜800万を目指していけるでしょう。
今すでにこれらの企業で働いている場合は、資格を取り業務に生かすことで、昇進やさらなる給与アップも狙えるのではないでしょうか。

コーヒーの資格を活用できる仕事は多数!

このように、コーヒーの資格を活かせる仕事が、世の中にはたくさんあることがわかります。資格を持っていることで、就職に有利に働いたり、すでに働いている場合でも自分の評価アップにつなげたり、または独立して自らの道を進むなど、多くの場面でコーヒーの資格を活用できますね。

コーヒースペシャリスト資格取得講座

コーヒースペシャリスト資格取得講座
コーヒーに関するあらゆる知識を修得した専門家を目指す資格・通信講座です。カフェの開業やコーヒーセミナーの講師、毎日の趣味で生かすなど資格の活用法は多数!美味しいコーヒーを淹れる技術はもちろん、豆や焙煎による香味の違いや、ラテアート、ペアリング理論に基づいたスイーツ&フードレシピなど幅広く学習できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加