チャイルドコーチングの資格を独学で勉強するコツ

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 心理学系資格 > チャイルドコーチング資格 > チャイルドコーチングの資格を独学で勉強するコツ

チャイルドコーチングの資格を独学で勉強するコツ

近年の、キレる子供や犯罪の低年齢化など、子供達が抱える問題や、子供を取り巻く環境に対する不安は大きくなっています。
そんな中、「チャイルドコーチング」という、子どもの考える力を元に、探している答えを見つける手助けをする手法に注目が集まっており、チャイルドコーチングの資格も登場しています。そこで、チャイルドコーチングの資格を独学で勉強するコツについてお伝えします。
チャイルドコーチングの資格を独学で勉強するコツ

チャイルドコーチングとは

チャイルドコーチングとは、元々ビジネスの世界で有名な「コーチング」を基にしたもので、これは子育て論や教育方針を説いているものでありません。子供が何か課題を解決したい時、親や教育者がとるコミュニケーションの「技術」といえます。

知識だけではなく、取得した技術は練習で磨く必要があります。
そのため、チャイルドコーチングについては、①理解し技術を得ること、そして②技術を磨くこと、という2つのステップが必要です。これを独学で学ぶのですから、実技練習の場をいかに設けるかを意識することがコツとなります。

独学で学ぶ際のコツを見ていきましょう。

専門の知識を得る

独学と言っても、専門的なスキルを学習するので、信頼できる教材が必要です。個人のブログやインターネット上の複数の発信元から情報を得るのではなく、明確なテキストや認定された資格取得ができる通信講座を選択し、それに沿って学習を進めるのが良いでしょう。

日々の生活で話すことを意識してみる

チャイルドコーチングは、会話によって子供自身の答えを導き出すものですので、その実践練習として、会話の機会を意識し増やしてみましょう。その子なりの話し方や会話のクセがあることなど、座学だけでは得られない貴重な学びがあるはずです。

子供以外でも活用できますから、家族や友人との会話の中で、例えば、「どこに行く」や「何食べたい」と言ったごく簡単な内容でも、答えを探す、という点ではコーチングの初歩練習になります。

聞き上手な人、相手の話を聞く

あなたの身の回りに聞き上手な人はいませんか。その人の会話の仕方や相槌の打ち方、間の取り方などを観察し真似できる部分があれば取り入れてみましょう。または、相手の話を引き出すという点でコーチングとの共通点があると言われる、カウンセラーや占い師の会話技術を参考にチェックしてみても良いでしょう。

自分のスキルをチェックできる、フィードバックを得る場を持つ

上記のように独学で進めていると、質問や、こういう時にどうしたら良いかと疑問に思うことが出てくるでしょう。
そんな際に疑問を解消し、信頼できるフィードバックを自分の身につけていくと効果的です。独学の場合は、通信講座などで、質問を受け付けてくれるところもありますので、そういったものを利用できると安心ですね。

以上が独学で勉強する際のポイントですが、最後に、資格についての選び方のポイントもご紹介します。チャイルドコーチングは、冒頭でも述べたように、取得した技術を自ら使いながらスキルアップしていくことが大切ですので、資格取得自体に長時間を費やすよりは、資格取得した後の実践に焦点を当てるのが良いでしょう。それぞれの資格に目安となる学習期間が示されていますので、参考にし自分にあった資格を選択してください。

チャイルドコーチングのスキルは一生ものになります

環境が大きく変化し複雑化しているこの現代に、子供や家族など身近な人の力を引き出し、自ら生き抜く力をつけるサポートとして有効なチャイルドコーチングは、ますます有効になってくるでしょう。この機会に、資格を取得して活用してみてはいかがでしょうか。

チャイルドコーチングマイスター資格取得講座

チャイルドコーチングマイスター資格取得講座
チャイルドコーチングに関する理論や技術を学び、子育ての専門家を目指す資格・通信講座です。新米ママの育児の勉強や現役保育士・幼稚園教諭のスキルアップ、チャイルドコーチングの教室・セミナー開催など活用法は多数!子供との信頼関係を築き、将来子供自身が自己を律するスキルまでしっかり学習できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加