役立つ、使える食育の資格の選び方

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 食・料理・フード系資格 > 食育・栄養資格 > 役立つ、使える食育の資格の選び方

役立つ、使える食育の資格の選び方

食育とは、「自ら、健全な食生活を実践できる人間を育てる」という考え方を元にした教育のことを指し、その方法や範囲は非常に多岐に渡ります。

そのため、自分が食育の資格を取る理由や目的を明確にすることで、数ある食育の資格から自分にとって役立つ、使える食育の資格を選ぶことができます。
役立つ、使える食育の資格の選び方

食育を家庭で実践したい場合のポイント

役立て方の1つに、資格取得で学んだ知識を家庭で生かすというパターンがあります。この場合の資格の選び方のチェックポイントを見ていきましょう。

自ら実践するのに適切な学習内容を含んでいるか

実生活で食育を実行することを想定し、自分が実践できる内容を含んでいるか確認します。食事やお弁当など、毎日の献立を考える際に役立つのか、スーパーでの食材選択の判断基準となる知識が得られるのかなど、資格を取得した後に、自分に役立つ内容を学べるものか確認しましょう。

食育は、家の中での食事に関することだけではありません。せっかく資格を取得するのですから、外食の際のメニュー選択に役立つ知識や、食事のマナー、地域の農作物や地産地消について学べるかなと、子供に対して、積極的に食育の機会を作りやすいような内容を含んでいると、より使える資格になります。

学習をしやすい方法か

忙しく家事や子育てをしながら学習の時間を取るのは簡単ではありません。よって学習方法が、自分に合っているか考慮するのは大事なポイントです。通学より通信講座の方が、時間の短縮ができ、続けやすいと考えられます。

また、テキストによる学習の場合と、オンライン上での学習ができる場合がありますので、適した方法を検討しましょう。子育てや家事のすきま時間にも学習が進められるとやりやすいですね。インターネットで通信講座を受けられる資格の中には、PCだけでなくスマホで受講可能なものもありますので、チェックしてみましょう。

受験方法はどうなっているか

学習方法と同様、資格取得の方法についても確認します。試験会場へ赴いて受験する必要があるのか、自宅で受験可能なのか。こちらも、オンライン上で受験可能なものもあります。

目安となる学習期間はどのくらいか

資格を取得するのに、どの程度の学習期間が必要かチェックしましょう。
資格により、数日など非常に短期間で資格が取得できることをメリットして謳っているものや、専門家として働くためにじっくり長期間学習を要するものなどさまざまです。

実際に子供に対して、食育を実践していくことを考えると、納得のいく学習内容をカバーでき、自分にとって負担になりすぎない学習期間だと続けやすいでしょう。

食育(食)に関する仕事に生かしたい場合

役立て方の主なものに、仕事に役立てるという方法があります。仕事に生かす場合もプチ起業などの独立に活用したり、就職に役立てたりといくつかの使い方がありますが、共通する選び方のポイントをご紹介します。

仕事へ生かすにあたり適切な学習内容を含んでいるか

教材の目次を確認するなどして、自分の仕事で進みたい方向と学習内容が合致しているかを確認しましょう。食育はとても範囲が広いので、例えば、食品と栄養そのものについての知識が必要、メニュー開発へ生かす、食の旬について情報発信をする、食のマナー講習を行う、収穫イベントを企画するなど、それぞれのケースで役立てられる学習内容になっているかが大切です。

もう一つのやり方として、初心者向けの資格でまず全体感を掴み、その後の方向性を掴むというのもあります。その場合は、スタートするにあたり適切な内容で挑戦しやすい資格を選択する、という方法でも良いでしょう。

資格の有効期限があるか

資格には、有効期限があり更新を必要とするものもあります。一度の取得でずっと使える資格であれば、その手間やコストが省け、仕事への活用も長期間可能となります。

自分が使える資格を選びましょう

食育は範囲が広いことから、非常にたくさんの資格があります。状況や目的はそれぞれですから、高価で難易度が高いものがぴったりの資格とは限りません。ここで挙げたポイントのほか、アフターフォローも大切になりますので、よく調べて自分にあった資格を取得してみてください。

食育栄養コンサルタント資格取得講座

食育栄養コンサルタント資格取得講座
食育・栄養についての理論・知識から実践まで学び、食の専門家を目指す資格・通信講座です。食育・栄養学関連のセミナーや教室開催などのプチ起業や飲食店開業、独立など資格の活用法は様々!約1ヶ月で資格取得できるので忙しい人にもおすすめ。乳幼児から高齢期までライフステージに合わせた安全・安心な食・栄養に関する基本理論など幅広く学べます。
このエントリーをはてなブックマークに追加