ファスティングの資格を比較する際のコツ

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 美容・健康系資格 > ファスティング資格 > ファスティングの資格を比較する際のコツ

ファスティングの資格を比較する際のコツ

世の中にはファスティングに関する様々な資格があります。これからファスティングの資格を取得したいと思っている方に向けて、それらの資格の比較ポイント、判断の仕方・選び方のコツを紹介します。まず、比較するポイントはどこになるのか見ていきましょう。
ファスティングの資格を比較する際のコツ

Point① 学習期間、取得の難易度

それぞれの資格で、資格取得までに要する学習期間が異なります。
受講必須の授業時間などで学習期間(時間)があらかじめ決まっているものから、学習教材を自分のペースで進めていくものまであります。この場合もある程度の学習時間の目安が示されていますので参考にできます。

例えば、短ければ、「たった1日」や「数時間の講座受講」で資格取得できるものから、「1ヶ月程度」と目安が示されているもの、または資格自体が難易度により段階制に分かれており、上級資格についてはもっと長い学習時間を必要とするものまであります。

挑戦のしやすさ、学習にかけられる時間、その資格が自分の必要とするレベルなのか、または周りから資格として認められるものなのか、といった点を考えて適する資格を選びましょう。

Point② 学習スタイル

学習方法として、「通学講座」と「通信講座」に分かれます。
通信講座にはオンライン上で受講できるものや、PCだけでなくスマホで受講可能なものもありますのでチェックしてみましょう。自分にとっての利便性とメリットを考慮して選択するのが良いですね。

Point③ 資格取得のための必要事項の違い

資格を獲得するのに、認定試験の合格が必要なもの、レポート提出が求められるもの、または自らのファスティング実践を必須とするものなどがあります。資格取得の手軽さ・難易度と関連しますので、比較ポイントとして頭の中に入れておきましょう。

Point④ 資格の有効期限があるか

取得した資格に有効期限があるかどうか確認しましょう。期限があるものは、更新のための受験やコストが必要なケースもあります。この点においては、期限なく使える方のメリットが大きいといって良いでしょう。

Point⑤ ファスティング用の推奨商品があるか

講座を提供・認定している団体や企業が、資格取得にあたりファスティング実践のための商品(酵素ドリンク等)の購入を義務付けている、または推奨しているものがあります。こういったものが自分に必要なのかどうか考えてみましょう。コストにも関連する点となります。

資格を選ぶ判断の仕方・コツ

これらのポイントを踏まえ資格を比較・選択するにあたり、最後に大事になるのはあなたの資格取得の目的です。自分や身近な人のためだけに勉強したい場合は、短期間で集中し簡単に取得することを優先するのも良いでしょう。

将来的なより幅広い活用を考えている場合は、手軽さに加えて、適切な学習範囲が盛り込まれているか、資格として十分認められるだけの学習期間を設けられているか、コストが妥当な金額であるか、資格をずっと活用できるかなど総合的に考慮し選択するのが良いです。特定商品の購入は、まずは自身でファスティングを実施するには便利ですが、特定商品に限らないファスティングが学べれば、実践の自由度が高く、その後仕事になどで幅広く展開しやすくなります。

資格を比較するポイントはわかりましたか?

たくさんの比較ポイントがあって迷いますが、最終的には資格をどう生かすかが重要になってきます。資格を比較することばかりに気を取られず、自分がこれからどうなっていきたいのかを具体的にイメージして、ワクワクしながら資格取得をしてみてくださいね。

ファスティングコンサルタント資格取得講座

ファスティングコンサルタント資格取得講座
ファスティングの実践方法や食・生体理論を学び、ファスティングのプロを目指せる資格・通信講座です。宗教的断食との違いや様々なファスティング方法・酵素の理論など幅広く学べるので、講師として独立しファスティングセミナーを開催したい方も、自分や周囲の人のダイエットに役立てたい人にもおすすめです。約1か月で資格取得可能。
このエントリーをはてなブックマークに追加