コーヒーの資格を独立開業に生かすコツ

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 食・料理・フード系資格 > コーヒー資格 > コーヒーの資格を独立開業に生かすコツ

コーヒーの資格を独立開業に生かすコツ

コーヒーに関する資格を取得して独立し、自分でビジネスに挑戦したいと考えている方もいるのはないでしょうか。ここでは、カフェやコーヒーの専門店などを独立開業するにあたり、どのようにコーヒーの資格を活用するかを紹介します。
コーヒーの資格を独立開業に生かすコツ

独立開業でのポイント

まず、独立開業するにあたり、コーヒーに関する資格自体は必須ではありません。資格がなくてもビジネスを始めることは可能です。よって、資格活用の仕方は自分次第ということになります。あらかじめ、取った資格をどのように活用するかイメージしておくことが大切です。

活用の仕方は、下記の2つの視点で検討するのが良いでしょう。

1. 資格取得により得た「知識・体験」の活用がされているか
2. 資格を保有していることの活用がされているか

では、資格を独立開業に生かすアイデアを具体的に見ていきましょう。

店舗PRに役立てる

まずは自分のお店を知ってもらうことが第一です。宣伝の際には積極的に資格を活用してみましょう。
店舗のホームページやブログ、Facebook等SNSのアカウント開設、または、チラシやポスターを作成されることも多いでしょう。オーナーの名刺や、ショップカードを制作するのも良いですね。そのような、コミュニケーションツール/アイテムにおいて、店舗説明やオーナーの自己紹介では、できるだけ資格について記載しておくと良いです。

独立開業した店は大手チェーン店と異なり、オーナーの意向が反映されやすく、店の個性となります。取得した資格やその内容などを、適切な範囲で公表することで、オーナーの人となりが伝わり、より店の特徴が際立ちます。

メルマガ配信やツイートなどで知識を生かす

ネット上での情報が、お客さんを呼び込むことがあります。メルマガやツイート、投稿写真をきっかけに行きたいカフェや店を見つけ、わざわざ足を運ぶお客さんも少なくありません。

資格保有者であることを生かして、まずはオンライン上で見込み客と繋がっていくことはとても大切です。直接接点のない世界ですから、資格を持った発信者であるということで、信頼性を増すことが考えられます。もちろん、知識も活用できます。

店で講習会を開く

オープンした自分の店で、「コーヒー専門家による豆の選び方講座」などを開いてみてはいかがですか?資格取得の際に得た知識を十分に生かせます。
肩書きがある講師のセミナーは、より興味や信頼性をもたれやすいと考えられます。参加者がその後、お店の顧客になるという好サイクルが生まれるかもしれません。

同じ資格保有者と繋がる

同じ資格を持っている人とネットワークを持つのも、資格を生かすコツの1つです。独立開業は、時に孤独で大きなプレッシャーを感じることがありますから、誰かに相談したりアドバイスが欲しい時もあるでしょう。そんな時、同じ志を持って資格を取得した仲間がいれば心強いサポートとなってくれるかもしれません。

通信講座やオンライン講座により個人で取得した資格でも、今ならネット上で同じ資格保有者を探すのはそれほど難しいことではありません。

独立での活用法は多数!

せっかく努力して取得した資格ですので、上記のようにうまく活用していきたいですね。店のPRやお客さんとの第一接点を持つなど、役立て方は様々です。 お客さんが一度お店へ来てくれたら、そこからはあなたの腕の見せ所です。このポイントを生かし人気のお店を目指してみてくださいね。

コーヒースペシャリスト資格取得講座

コーヒースペシャリスト資格取得講座
コーヒーに関するあらゆる知識を修得した専門家を目指す資格・通信講座です。カフェの開業やコーヒーセミナーの講師、毎日の趣味で生かすなど資格の活用法は多数!美味しいコーヒーを淹れる技術はもちろん、豆や焙煎による香味の違いや、ラテアート、ペアリング理論に基づいたスイーツ&フードレシピなど幅広く学習できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加