コーヒーの資格を取る意味や必要性とは?

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 食・料理・フード系資格 > コーヒー資格 > コーヒーの資格を取る意味や必要性とは?

コーヒーの資格を取る意味や必要性とは

現在のところ、コーヒーの資格が義務付けられている職業はありません。 そのため、コーヒーの資格取得に関しては、あくまで任意でということになりますが、知識を学んだ証明として資格を取得しておくと様々な形で活かすことができます。コーヒーの資格を取ることの意味や必要性は、大きく分けると下記の二つが挙げられます。

1. 仕事や将来的な夢の実現をサポートする
2. 自分の趣味の範囲としてコーヒーライフを充実させる

それぞれについて、順に見ていきましょう。
コーヒーの資格を取る意味や必要性とは

1.仕事や将来的な夢の実現のサポート

まずひとつめの「仕事や将来的な夢の実現をサポートする」について考えてみましょう。 はじめに述べたように、コーヒーの資格が必須とされている職業はありませんが、自分自身や仕事、ビジネスの競争力を増すために資格を活用する必要性はあると言えます。例を挙げて見ていきましょう。

飲食店や店舗への就職、アルバイトに有利

増加しているコーヒーショップや喫茶店、専門店で働きたいと思う方も多いでしょう。就職やアルバイト求職の際に、自ら勉強してコーヒーの資格を保有していることを伝えられれば、仕事に対する前向きな姿勢を見せることができ、好印象間違いなしです。もちろん、実際の業務を行う中でも役立つ知識を身につけることができます。

レストランでも、コース料理などでは必ずと言っていいほど食後のコーヒーがつきますので、飲食店のサービスとして働きたい方なども、自分の付加価値とすることができるのではないでしょうか。

コーヒー専門家へのきっかけに

資格取得を通じて奥深く広い知識を得ることで、コーヒーの専門家として活躍していくきっかけにもできます。得た知識や経験をいかして、記事の執筆やコーヒー関連のセミナーを行ったりテイスティングパーティなどを行う専門家になれるかもしれません。
知識を持っている証明として、専門の資格があれば、より信頼性が増し他の人との差別化となります。

カフェのオーナーになる

いつかは独立して自分の店舗を持ちたい、という方も資格を取る意味はあると言えます。カフェを開業するには、コーヒー等の飲食の知識のみならず、開業の段取りや資金の調達、メニュー開発など実践的なノウハウも必要となりますが、適切な資格を取得することで、経営面含めたに必要な知識を身につけた自信がつきますし、それを「資格」という目に見える形で対外的に示すことで、運営者としての信頼性が増し、お店のアピールポイントとなるでしょう。

2.自分の趣味の範囲としてコーヒーライフを充実させる

次に、ふたつめの「自分の趣味の範囲としてコーヒーライフを充実させる」ことについてはどうでしょうか。 あくまで趣味の範囲となるので、「必要性」という点では低いかもしれませんが、活用方法は自分次第で大きく広がるでしょうから、資格を取る意味は大いにあると言えるでしょう。

周りの人へ振る舞う

資格を取得した人に入れてもらうコーヒーを飲んでみたいと思う人は多いのではないでしょうか。ご家族、友人が集まる機会に、資格保有者であるあなたがふるまうコーヒーは、その場をきっと盛り上げるでしょう。

また、豆の産地や挽き方、淹れ方、アレンジコーヒーなど、奥深い世界ですから、ワインや日本酒のソムリエのように、得た知識を語ることができるかもしれません。きっと興味を持って聞いてくれますよ。

あなたという個性を際立たせる

「コーヒーが好きで知識がある」人と、「コーヒーが好きで知識もあり、資格を持っている」人では、周りから持たれる印象が違います。

資格を持っていることで、自分の興味のある世界を、周りの人により強く知ってもらうことができます。それはあなたの個性の大きな一面になります。コーヒー好きなあなたに「箔が付く」ということですね。

必要性だけじゃない、多くのメリットがあるんですね

このようにコーヒーの資格は、専門的で幅広い知識を自ら学んだ証明であり、必要性だけじゃなく多くの意味やメリットがあることがわかりましたね。コーヒーに対する強い関心や情熱を示すものとなりますので、ぜひ活かしてみてはいかがでしょうか。

コーヒースペシャリスト資格取得講座

コーヒースペシャリスト資格取得講座
コーヒーに関するあらゆる知識を修得した専門家を目指す資格・通信講座です。カフェの開業やコーヒーセミナーの講師、毎日の趣味で生かすなど資格の活用法は多数!美味しいコーヒーを淹れる技術はもちろん、豆や焙煎による香味の違いや、ラテアート、ペアリング理論に基づいたスイーツ&フードレシピなど幅広く学習できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加