管理栄養士が食育の資格を取得するメリット

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 食・料理・フード系資格 > 食育・栄養資格 > 管理栄養士が食育の資格を取得するメリット

管理栄養士が食育の資格を取得するメリット

食に関する資格の一つとして、管理栄養士がありますが、平成17年に食育基本法が制定されてからは、「食育」に関するさまざまな民間資格も登場しています。これらの資格の違いや、管理栄養士が食育の資格を取得するメリットは何でしょうか。
管理栄養士が食育の資格を取得するメリット

管理栄養士と食育の違い

まず、管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。
食と栄養に関する専門的な知識と技術を持って、栄養指導や給食管理を行います。資格保有者の多くが、栄養士として、医療・福祉・介護施設や学校、飲食を提供する企業や研究機関などで働いており、食と栄養の専門職として、人々に対する健康維持のサポートや栄養状態の管理などを行っています。

一方、食育とは、国民が豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくために、様々な経験を通じて、食に関する知識と、食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること、と定義づけられている学習分野のことをさします。

管理栄養士の仕事が、純粋な栄養管理をメインとし「からだ」を作ることを目的としているのに対して、食育の領域では、「からだと心」を作ることで、生活や人生そのものを豊かにしていくということを目的にしていると考えられます。

例えば、日本や各地域特有の食文化を学び、食に対する理解や感謝の気持ちを育むことや、食料自給率について考え、食品の産地に関心を高めること、食の安全性に関する知識を深めることなどが推進されています。
食育では、管理栄養士の領域よりも、包括的な内容が含まれていることがわかります。

よって、管理栄養士が食育に関する資格を取得すると、管理栄養士が持つ食と栄養に関する知識に、より幅も奥行きもある知識を上乗せすることができると言ってよいでしょう。

管理栄養士が食育の資格を取得するメリット

管理栄養士が食育の資格を取得するメリットには、以下のようなことが考えられます。

◯管理栄養士の専門知識に加えて、食育の知識を持つことで、栄養士としての仕事の質を向上させることができる。
◯管理栄養士と食育の資格を持っていることを差別化ポイントとし、強みとすることができれば、キャリアアップや昇給が期待できる。
◯管理栄養士から、食育を活かせる仕事へ活躍の場を広げることができ、転職にも有利に働く。
◯管理栄養士と食育の両資格保有者として、強い発信力を持つ存在となれば、将来的に栄養や食の専門家などの道が開ける

管理栄養士や目指す方にも食育の資格はおすすめです

この二つの資格は、学習内容として共通する部分も多く、管理栄養士の資格を保有している人であれば、比較的学習もしやすく資格も取りやすいと考えられます。また、もともと管理栄養士として働いていれば、食育について学んだことを、すぐ職場で実践し活用することができるでしょう。両資格を持っていることのメリットは多く、自身の強みとなるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

食育栄養コンサルタント資格取得講座

食育栄養コンサルタント資格取得講座
食育・栄養についての理論・知識から実践まで学び、食の専門家を目指す資格・通信講座です。食育・栄養学関連のセミナーや教室開催などのプチ起業や飲食店開業、独立など資格の活用法は様々!約1ヶ月で資格取得できるので忙しい人にもおすすめ。乳幼児から高齢期までライフステージに合わせた安全・安心な食・栄養に関する基本理論など幅広く学べます。
このエントリーをはてなブックマークに追加