食育・栄養の資格を取って生かせる仕事とは

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

資格取得のformie(フォーミー) > 食・料理・フード系資格 > 食育・栄養資格 > 食育・栄養の資格を取って生かせる仕事とは

食育・栄養の資格を取って生かせる仕事とは

食育という言葉が一般的にも認知されてきている現在、食育や栄養に関連する資格が多数存在しています。これらの資格を取得した場合に、どのような仕事で生かせるのでしょうか。

食育は、食育基本法のもとで、子供の食に関する教育を第一の目的として制定されています。しかし食育には、子供だけでなく、大人も含めた全世代が、それぞれ食とどう向き合い心身共に健康に過ごせるかという側面を持っています。それらも含めると、資格を生かせる仕事の幅はより広がります。
食育・栄養の資格を取って生かせる仕事とは

子供に対する食育関連の仕事での活用

仕事に生かすパターンとして、子供に対しての食育の仕事があります。健康的な身体を作る、という目的で食を提供する職業はもちろん、食を通じて豊かな心を作る、または文化・社会を学ぶという教育内容を含む仕事があります。子供にとって魅力的で、親にも受け入れられやすい内容を作り出せれば、様々な展開が期待できます。

幼稚園・保育園・学校での教師

常に子供との接点・教育機会のある保育士や教師は、食育の資格を生かせる職業です。食の楽しみや感謝の気持ちを育てるなど、心の教育も食育のひとつとして注目されています。

スポーツ教育施設のインストラクター

子供向けのスポーツ教室(サッカー・野球・水泳等)での仕事は、運動とともに身体を作るという目的において、食育と関連があります。インストラクターが食育の資格を持っていれば、より適切なアドバイスができるでしょう。

教育メディアや出版・知育業界などでの食育企画

食の安全や、地域の農業についての学習など、教育教材の企画制作を行ったり、子供向けの食育に関する書籍の企画・編集の仕事などで、食育の資格を生かせます。また、食育を楽しみながら学べる知育玩具やゲーム開発などの知育業界も、今後期待される分野と考えられます。

エンタメ業界での食育

例えば、遊園地における食をテーマにした遊具や体験型アトラクションの企画、動物園で動物の食とともに人間の食を学ぶなど、食育と遊びの要素をうまく絡めていけば活用の仕方は広がります。
本・絵本・映画・テレビ・アニメなどでも、食育コンテンツを取り入れることで、作品の独自性が加わり、話題作となる可能性があるでしょう。

大人への食育関連の仕事での活用

そのほかにも、大人を対象とする仕事で資格を生かすことが考えられます。食育は、健康維持のための食生活を学ぶことや、人生を豊かにする食との付き合い方を知ることなどが目的とされます。食の安全や、オーガニック食品の人気など、食に対する人々の意識が高まってきている今、食育の資格は活用しやすいと考えられます。

医療・介護現場での仕事

病院食を提供する仕事や、健康を取り戻すための食に関するアドバイスなど広く活用できるでしょう。また、介護士など高齢者と接することが多い仕事でも食育を生かすことができます。高齢者が健康を維持するための食生活のアドバイスや、介護施設での食事メニューの開発、または生活の楽しみとしての食を推進するなど様々な活用方法があります。

美容関連や料理研究家などの仕事

エステティシャンや美容アドバイザーなど美容関連の仕事でも食育の資格を活用できることが考えられます。美と食という観点から、美しくいるためにどのように食と付き合うべきかなどのアドバイスが求められます。また、様々なレシピを世の中に提供する料理家やフードコーディネーターも、食育の専門知識があれば、より独自性のある信頼性の高い情報発信ができるでしょう。

メディアでの情報発信

放射能や添加物など、食に対する意識が高まっている中、自分たちが口にするものをどのように選択するべきかなど、食に関する情報発信が求められています。マスメディア、出版社、Webメディア等でこのような情報発信をする仕事では、食育の資格を活用できるでしょう。

食育の資格はたくさんの仕事に生かせます

このように、生活と食のつながりは深く、食育の知識を活用できる仕事は非常に多いことがわかります。ここで紹介したことを参考に、身近なところから専門的な領域まで、食育の資格を役立ててみてください。

食育栄養コンサルタント資格取得講座

食育栄養コンサルタント資格取得講座
食育・栄養についての理論・知識から実践まで学び、食の専門家を目指す資格・通信講座です。食育・栄養学関連のセミナーや教室開催などのプチ起業や飲食店開業、独立など資格の活用法は様々!約1ヶ月で資格取得できるので忙しい人にもおすすめ。乳幼児から高齢期までライフステージに合わせた安全・安心な食・栄養に関する基本理論など幅広く学べます。
このエントリーをはてなブックマークに追加