簡単・手軽に取れる資格

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

formie(フォーミー) TOP > 簡単・手軽に取れる資格

簡単・手軽に取れる資格は役に立つ?

仕事に家事にとどんどん忙しさを増す現代、まとまった勉強時間を確保するのが難しくなってきています。 そこで、簡単に取れる資格というのが人気が高まりつつありますが、簡単に取れるならあまり役にも立たないのでは?という疑問が出てくるでしょう。簡単・手軽に取れる資格が実際どのような場合に役に立つのかまとめました。
簡単・手軽に取れる資格は役に立つ?

取得の難易度と知識の実用性は別

簡単な資格とひとくちに言っても、その簡単さには様々なものがあります。例えば不動産鑑定士などの超難関国家資格は当然合格にはかなりの労力を必要としますが、使えるシーンはかなり限られています。

資格や資格の勉強の過程で得た知識が実際に使えるのかどうかは、資格自体の難易度とはあまり関係がないのです。

では、どんなに簡単な資格でも使えるかというと、そんなことはないでしょう。中には数時間実際にその場で講義を受けるだけでなんの試験などもなく取得できてしまう資格も存在しますが、ほとんど内容を理解していなくても取得できてしまう資格は価値が低く、役に立てる知識の元もできにくいので活用するのは難しいでしょう。
やはり簡単・手軽に取れる資格といっても、ある程度自分できちんと勉強して学ぶ内容があるものを選んだほうが活用はしやすくなります。

簡単に取れる資格を生かすコツ

手軽に資格をとって生かしたい!と考える方は、最短ルートを知りたい方がほとんどでしょう。資格は取得してからが本番であることがほとんどですし、特に簡単な資格ならなおさら、それを人にどうアピールするのかといったマーケティング的な側面が大切です。 簡単に取れる資格を生かすコツは、「今の仕事において他の人へのアピール」もしくは「独立」に活用することです。

資格を取るメリットの大きな1つは、なんの知識を持っているのかがわかりやすいことです。こんなジャンルの本を読みました!といってもあまり説得力はありませんが、「こんな資格を取りました!」といえばきちんと勉強した・知識を身につけているという信頼性があります。 簡単に取れる資格の場合はその肩書き1つで新しい就職や転職の決め手になるほどの効果はなかなか出づらいですが、今の仕事で昇進したり少し有利なポジションにつきたい、というようなステップアップの場合、アピールポイントとして活用しやすくなります。 実際、今の仕事のステップアップに、という目的で資格を取得される方がformieでも多くいらっしゃいます。

また、新しく起業したい、独立したいという場合も、簡単な資格も有効に生かしやすくなります。独立して仕事をしていく際は、「この人面白そうだな」という第一印象が大切なので、難しい資格を持っていることよりもイメージ・インパクトが大切になります。 もちろん、どのケースでも名前だけではなく実際に役立つ知識を身につけていないと後に後悔することになりますから、勉強はしっかりする必要があります。

簡単だけど役立つ資格を探そう!

資格を役立てていく上で大切なのは、資格が簡単かどうかよりもあなた自身が上手に生かしていけるかどうかです。 自分のキャリアや好きなことなどを総合的によく考えて、自分にあった資格を探してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加