需要・将来性のある資格

スマホで資格取得ならformie(フォーミー)。日本最大級のオンライン通信資格ポータル

formie(フォーミー) TOP > 需要・将来性のある資格

将来性のある資格の見極め方と特徴

会社は守ってくれない時代の中で、仕事に不満を持ったり、次の職を考えたり、将来に不安を感じると、多くの人が将来性のある資格の取得を考えますね。
「将来性」という言葉の裏側には当然「お金」の存在があり、”資格を活かして、今よりも高い生活水準を実現させたい”というのが本心だと思います。 将来性のある資格の見極め方と特徴を見ていきましょう。
将来性のある資格の見極め方と特徴

時代の流れと普遍性から見る将来性のある資格

取得しようとする資格に将来性があるかを見極めるときに、最も参考にすべきことはまず、時代の流れに合った資格かどうかという点です。現在の日本は、コト消費の進行が大きな時代の流れとしてあげられます。

コト消費から見る将来性のある資格

モノ消費からコト消費という流れが叫ばれて久しいですが、コト消費とはなんのことでしょうか?一般に、多くの消費者が昔の家具家電に代表されるような「形あるモノ」を買うことよりも、SNSやゲーム、グルメや旅行・エステなどの「形のない体験」にお金を使うようになってきたという流れのことです。

それまではとにかく機能のある製品、モノを生み出せば売れていましたが、今は「使ったイメージが素敵」だったりとモノさえも体験の要素がないと売れにくくなってきています。
グローバル化と相まって、単に技術的な知識を持っている専門家の需要はどんどん海外に出て行ってしまうため、需要・将来性のある資格も変化していっているのです。

コト消費の時代においては、上記の例で挙げたような体験に関する技術を持つことのできる専門家の需要が高まります。セラピーやリラクゼーションの資格などはもちろん、あらゆる分野でコミュニケーション能力の重要性が高まっていくので、心理学系の資格も重要度が高まります。

高齢化から見る将来性のある資格

もう1つの時代の流れとして、高齢化が挙げられます。医療の発達で元気に長く過ごせる良い時代となりましたが、将来を担う若者の不足も発生させてしまいました。そのため、医療や介護現場では常に働き手を求める状況が続いています。そんな現場で活用できる資格であれば、当然将来性も高くなります。

今すでに医療・介護現場で働いている人にとっても、キャリアアップのために資格を取得することもおすすめです。業界は人手不足で多忙にも関わらず、業務内容の割に給与が低い傾向があるため、資格の有無で昇給や手当が大きく変わることもあります。
高齢化から見る将来性のある資格

心理カウンセリングスペシャリスト資格講座

心理カウンセリングスペシャリスト資格講座
特にお客様と深く接する仕事をする場合には、人の心に寄り添うことのできる深いコミュニケーション能力が重要になります。心理カウンセリングのスキルを身につければ傾聴力も分析力もしっかりと身につけることができるので、どのような分野でも活用できる汎用性・安定した需要とコト消費の時代に生かしやすい将来性を併せ持ったおすすめの資格です。

整体&セラピースペシャリスト資格取得講座

整体&セラピースペシャリスト資格取得講座
健康の大切さが再認識される今、体を整える整体&セラピーの技術・知識が注目を集めています。自分自身のセルフメンテナンスも学べるため、仕事に生かすためだけではなく自分自身の体という資本を守り、働きやすくするという点においてもおすすめの資格です。

介護食コンサルタント資格取得講座

介護食コンサルタント資格取得講座
高齢化の流れのなかで重要になってくる介護における食事を学べる将来性ばっちりの資格です。介護の全体像よりもより詳細な食に関する分野の専門的な知識を身につけることで、介護分野のなかであなたのスキルが目立ちやすくなるでしょう。

他にも、将来性のある資格はたくさん!

需要・将来性のある資格は、”時代の流れにあっているかどうか”という点を見極めることが大切です。そのために、普段から経済新聞やネット上のニュースに目を通すことも必要かもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加